プロミスを申し込み30日間の無利息サービスを利用しよう

キャッシングを利用する上でまず始めに行わなくてはならないのが、利用する会社を選ぶことです。安心・安全のためにもキャッシングでは大手の会社を利用することが鉄則ですが、大手会社も同じように多く存在します。CMで目にする消費者金融だけでもいくつもの選択肢があるわけですが、その中に銀行、銀行系会社も加えればより選ぶのが困難になってしまいます。大まかに分けると銀行は審査が厳しいですが金利が低く、消費者金融は審査が通りやすいですが金利は高めです。こんな時に良い判断基準となるのが会社ごとのサービス性です。いくつもあるサービスの中から自分にあった会社を選ぶと良いでしょう。しかしそんな中でも特におすすめなのがプロミスです。プロミスは即日融資や返済方法などに力を入れていることで有名ですが、その中でも特に注目したいサービスが今回紹介する「無利息サービス」です。これは借入を行った翌日から30日間、無利息で借入を行うことができるサービスです。ただし、この30日を過ぎてしまえば残高に応じた利息がかかり始めるため30日以内に完済を済ませてしまえれば、利息は0円ということになるのです。

 

プロミスプロミスのおすすめポイント

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

プロミス

 

 

無利息サービスは誰でも利用できます

 

プロミスの無利息サービスを利用することで30日間無利息で借入を行うことができます。これは30日の間は借入金に利息が発生しないということですが、31日目には残高に応じた利息が発生し出すため30日以内に完済を済ませれば文字通り無利息で借入を行うことができます。しかし30日以内に返済を済ませ、また新たに借入を行っても無利息サービスの期間が残っていれば新たな借入金にもその残りの日数は利息が発生しません。期間中であれば何度借入を行おうとその間は利息が発生しないのです。そのため給料前などの借入や1度しかキャッシングを利用しないという方には特におすすめです。

 

プロミスの無利息サービスを利用する方法

 

無利息サービスを利用するには2つの方法があります。どちらとも特別な条件は必要ないため誰でも利用することができます。

 

初めてのプロミス利用

 

プロミスを初めて利用する方は契約の際にメールアドレスを登録し、書面にてWEB明細の利用を選択すると30日間の無利息サービスを利用することができます。これは初回借入の翌日から30日間ですので契約完了から初回借入まで時間が空いてしまっても30日間のカウントは始まらないため安心です。

 

ポイントサービスで貯めたポイントを無利息サービスに

 

もう1つの方法はプロミスのポイントサービスを利用することです。プロミスの会員サービスであるポイントサービスに申し込むと会員サービスの利用に応じてポイントを貯めることができます。ポイントの獲得方法はいくつもあるのですが、この貯めたポイントはプロミスの便利なサービスと交換することができます。1つが提携ATMの手数料無料で、もう1つのサービスが無利息サービスになります。日数はポイントごとに分かれており「250ポイントで7日間」「400ポイントで15日間」「700ポイントで30日間」になっています。無利息サービス自体の内容は初回時の無利息サービスと同じなのですが、サービスの開始には以下の取引を行う必要があります。

 

  • 利息以上の返済
  • 完済時に再度の借入

どちらかの取引を行った翌日から無利息期間が適用されます。初回時の無利息サービスとは違いどちらかの取引を行わなければなりませんが、無利息サービスをポイントと交換するだけで何度も利用できるというのは他社にはないお得なサービスです。

 

まとめ

 

プロミスの無利息サービスについて少しでも分かっていただけたでしょうか?もしも会社選びに迷っているのであればこのようなサービス性で選ぶのが得策です。銀行、銀行系であればプロミスのような消費者金融に比べると断然金利は低いですが、審査が厳しいため利用できるのは一部の人だけです。しかしプロミスであれば審査は通過しやすいですし、何よりも無利息サービスによって一定期間の間利息自体が発生しません。先程も述べた通り、1度しかキャッシングを利用するつもりがないという方には特におすすめのサービスです。

 

プロミス

おまとめローンを活用して複数の借り入れを賢く返済しましょう

 

借り換えは誰でも簡単に利用することができます

最近は様々な場所などで、カードローンの借り換えの広告を見かけることが多いようです。カードローンの返済に困った時の救済や、カードローンのより上手な活用のためには、この借り換えのテクニックが有効になります。中には借り換えの手続きや契約などが面倒だからと利用を躊躇している人などもいるようですが、借り換えによる様々なメリットを知れば積極的に借り換えに申し込みたくなるはずです。

 

借り換えにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

 

消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンを比較すると、銀行系のカードローンの方が低金利で利用できることが一般的です。ただし銀行系のカードローンは審査が厳しく、また融資までにある程度の時間がかかってしまうため、属性などの条件に問題がある人やすぐにお金が必要な人などは消費者金融系のカードローンに申し込むことが多くなります。金利の高い消費者金融系のカードローンを利用している人の場合には、銀行系のカードローンに借り換えることで金利を下げて利息の負担を軽減することができるのです。金利が下がれば月々の返済額を少なくすることもできるのですが、その場合には返済が長期化して返済総額が増えてしまう可能性がありますので、できるだけ早期の完済を目指すことをおすすめしたいと思います。また消費者金融系のカードローンには借り入れ限度額を制限する総量規制が適用されるのですが、銀行系カードローンは総量規制の対象外となるため、年収の3分の1以上の金額を借り入れることが認められるというメリットもあります。

 

複数の借り入れを利用している場合にはおまとめローンを活用しましょう

また複数の借り入れを利用している人の場合には、複数の借り入れを一つにまとめて返済の手間や負担を軽減する「おまとめローン」の活用をおすすめします。おまとめローンを活用すれば金利を引き下げて支払総額を抑えることができますし、さらに返済日が月に1度になるため返済日の把握や借入残高の確認などがしやすくなります。おまとめローンの場合には利用額が大きいため審査が厳しく行われることが一般的なのですが、それだけメリットが大きいローンになりますので積極的な活用を検討してみてください。

 

おすすめの借り換え先をご紹介します

 

三菱東京UFJカードローン(バンクイック)について

 

三菱東京UFJカードローンは全ての手続き(申し込み、審査、契約など)を、全てインターネット上で行うことができるカードローンです。低金利の4.6%〜14.6%で利用することができますし、保証人不要で申し込むことができます。利用限度額は最大500万円まで認められますし、さらに審査は最短30分で迅速に行われます。三菱東京UFJ銀行のATMはもちろんですが提携するコンビニATMなどを利用することもできますので、利便性が高く誰でも使いやすいカードローンだといえるでしょう。

 

みずほ銀行カードローンについて

 

みずほ銀行カードローンは借入額が多いほど金利が安くなるカードローンです。金利は4.0%〜14.0%に設定されていますが、借入額が100万円未満の場合には14.0%、借入額が800万円以上1000万円以下の場合には4.0%が適用されます。保証人不要で申し込むことができますし、最大で1000万円までの借り入れが認められることも大きなメリットです。さらに借り入れ希望額が200万円以下であれば、収入証明書の提出を省略することができます。また書類の提出が必要な場合には、携帯電話のカメラなどで撮影して送信すればOKです。面倒な手続きなしで誰でも簡単に申し込むことができるのです。

 

オリックス銀行カードローンについて

 

オリックス銀行カードローンは、保証人や担保なしで申し込むことができる使いやすいカードローンです。みずほ銀行カードローンと同様に、借入額が多いほど金利は安くなります。最高800万円までの借り入れが認められますし、月々の返済は7000円からとなっています。月々の返済額が少ない場合には返済が長期化しやすいため注意が必要なのですが、生活に負担をかけることなくカードローンを利用したいという人には最適だといえるでしょう。

 

返済の方法についても確認しましょう

借り換えを検討する場合には、毎月の返済の方法についてもしっかりと把握しておくことが重要になります。主な返済方式とその特徴については以下のとおりです。

 

  • 元金均等返済方式→均等額の元金+利息の返済を行うため、返済の初期においては月々の返済額が大きくなります。ただし返済を続けることで利息の負担が少なくなり、月々の返済額は減少します。また返済総額は元利均等返済方式よりも少なくなります。
  • 元利金等返済方式→月々の返済額は同額になります。ただし返済の初期においては利息の支払分が多いため、返済を続けてもなかなか元金が減らず、返済が長期化しやすくなります。
  • リボルビング方式→リボルビング払いは借り入れ総額に関わらず、契約の際に決定した金額の返済を続けていく方法です。リボルビング方式にはさらに、定率リボルビング方式や残高スライドリボルビング方式などがあります。月々の返済額や利息の計算方法などはそれぞれ異なるのですが、いずれも月々の負担が少ない一方で返済が長期化しやすいという特徴がありますので、利用する際には注意が必要になります。

 

無利息期間サービスのあるプロミスがオススメ

 

手数料などについても確認しましょう

借り換えを検討する場合には金利条件や返済期間などが気になるのですが、手数料や入会金などの各種の出費についても確認しておくことが必要です。いくら低金利で借り換えを利用することができても、ATMの利用手数料や年会費などの支払が必要であればお得にはなりません。借り換えの利用条件についてはトータルの負担で判断するようにしましょう。またカードローンによっては、繰上げ返済を利用する際に手数料が請求される場合などもあるようです。繰上げ返済を活用すれば返済額のほとんどが元金の返済に充てられますので、手数料なしで繰り上げ返済が利用できるカードローンを選択して早期の完済を目指すことをおすすめします。

 

利用目的やライフスタイルに合致したカードローンを選択しましょう

カードローンを利用する人には様々な事情があります。すぐにお金が必要な場合などにはとりあえず「審査に通りやすい」「即日融資が可能な」カードローンに申し込むことになるのですが、その後返済に余裕があれば繰り上げ返済などを活用して早期の完済を目指したり、あるいはさらに低金利で利用することができる他社のローンに借り替えたりすることを検討してみましょう。ただしローンの借り換えを利用する場合には、借り換えを行うことが本当にお得なのかどうかしっかりと確認することが必要になります。安易に借り換えを行うと借り入れや返済の方法が限定されていたり、融資のために時間が必要になったりなど、むしろ以前よりも不便になってしまう場合などもあるようです。自分の利用目的やライフスタイルに合致した低金利で利用できるカードローンを選択して、借り換えを行うことであなたの生活をより豊かなものにしてください。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス